ブログ・コラム

リフォーム全般

リフォームやリノベーション等の工事の呼び方について

リノベーション

リフォームやリノベーション、内装工事と原状回復工事の違い

住宅の改修工事には、リフォームやリノベーション、内装工事、原状回復工事等、様々な呼び方があります。

それぞれの違いについてご説明します。

リノベーション工事とは

リノベーション工事とは、住まいの改修工事の際に現在の状態よりもプラスアルファの機能やデザイン性の高い空間に作り替えるリフォーム工事の事をリノベーションといいます。

リビングと洋室を1つにしてリビングを広げたり、台所や浴室の配置を変更し導線を現在よりも使いやすくするようなリフォーム工事です。

間取りの変更やウォークインクローゼットの作成等、大掛かりな工事が該当します。

リフォームとは?

リフォーム工事とは、一般的に既存の状態を新しくする工事の事を言います。

洋室の壁紙が汚くなってきたので貼り替えたり、トイレを新しい物に交換する等もリフォーム工事で、基本的に間取りはそのままの状態となります。

クロスの貼替やキッチンの入れ替え、床の貼替等もリフォーム工事に該当します。

内装工事とは?

内装工事とリフォーム工事の意味は同じになります。

一般的に店舗や事務所など、事業用のリフォーム工事は内装工事といいます。

内装工事もリフォーム工事と同じように、クロスの入れ替えや床の貼替になりますが、店舗の工事では、カウンターを作成したり厨房を作ったりもリフォームとは言わずに内装工事というのが一般的です。

原状回復工事とは?

原状回復工事とは、賃貸マンションや貸家を退居された後に家主様がリフォームする工事の事を原状回復工事といいます。

原状回復工事は、退去立ち合いで入居者様側がキズや汚した部分を確認し、家主様と入居者様で取り決めて、元の状態に戻す工事の事を言います。

クロスの貼替やクッションフロアの貼替、畳表替えやハウスクリーニングが主な工事内容となります。

関連記事

悪質リフォーム業者の種類と見分け方
リフォームやリノベーションを予算内に抑える
給湯器の納期状況

Contact
リプロのリフォームで
笑顔が増える住まいづくりを

お電話での
お問い合わせ

06-7505-9494

【受 付】9:00~17:00(日曜日 定休)