ブログ・コラム

お知らせ

リクシル商品の値上げについて

リクシル リフォーム 値上げ

リフォームの際に使用することが多いリクシルの商品が値上げとなります。

リフォームの大手建材会社 リクシルの商品値上げについて

システムキッチン 値上げ

Lixil(東京都江東区)は12月7日、一部の住宅用建材・設備機器のメーカー希望小売価格を2022年4月1日受注分から改定すると発表した。

原材料価格の高騰により、生産性の向上や合理化によるコストダウン・諸経費の削減といった自社努力では、製品原価上昇の抑制が困難となったためとしている。

対象商品と改定率は、住宅用サッシ10~12%程度、窓回り商品8~15%程度、玄関ドア引戸8~12%程度、トイレ2~33%程度、水栓金具1~110%程度(平均11%程度)、ユニットバスルーム4~39%程度など。サッシ・ドアの一部商品は、4月以降も改定を予定している。同社では、今年9月にユニットバスルーム7商品の値上げを発表し、12月1日受注分から値上げを行ったところ。

リプロの今後の対応

弊社でもリフォームの際にリクシル商品を多く使用していますが、リクシルの他にもタカラ、TOTO、ダイケン、クリナップ等、様々なメーカーを取り扱っております。

現状では価格がどれくらい値上がりするかわかりませんが、他メーカーの金額確認や問屋への交渉、弊社による企業努力で、出来るだけお客様の負担にならないように調整します。

関連記事

室内を全て解体するスケルトン工事のメリットとデメリット
リフォームやリノベーション等の工事の呼び方について
リフォームやリノベーションを予算内に抑える

Contact
リプロのリフォームで
笑顔が増える住まいづくりを

お電話での
お問い合わせ

06-7505-9494

【受 付】9:00~17:00(日曜日 定休)